日本の景観写真館

主に日本の景観の写真集です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

棚田



新潟県の信濃川の支流、清津川の両岸に見られる棚田です。

手前と向こうの棚田の間の谷を清津川が流れています。一般に山の上では水田はできませんが、第三紀の泥岩などが分布する地域では、土壌の粘土分が多く、棚田が見られます。対岸の水田のわきの山は硬い凝灰岩からできているため水田は全くありません。逆に谷のこちら側は、全部泥岩なので尾根近くまで水田になっています。


                                十日町市田尻


kyocerra slimT NEOPANPRESTO400






スポンサーサイト

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2012/06/19(火) 15:26:05|
  2. 十日町(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

信濃川段丘群

04650007.jpg

信濃川の中流部、長野新潟県境から十日町市付近にかけて、大規模な河岸段丘が発達します。信濃川とその支流の浸食、堆積によってつくられたもので、全部で9段に及び、その規模は日本一といわれています。

手前が清津川、奥が釜川でその間の平坦面が両河川によってつくられた段丘です。釜川の奥の平べったい山が信濃川によって形成された段丘です。

その成因は、洪積世に気候変動により大規模な海進海退がおこったことと、この付近の基盤岩が魚沼層群というやわらかい岩盤で、しかも現在も褶曲運動が続いているためといわれています(活褶曲)。

七つ釜のところでも述べましたが、それがこの付近で地震が多い原因でもあります。

                                                    十日町市重地

kyocerra slimT NEOPANPRESTO400

                                                         

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2011/10/13(木) 14:55:08|
  2. 十日町(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:948

柱状節理



苗場山の北側の釜川沿いに田代の七つ釜というところがあります。
大きな滝壺が連続する景勝地なのですが、その左岸側に見事な柱状節理の崖があります。

この岩石は1000万年以上むかしに噴出した溶岩です。柱状節理は溶岩が固まって冷えるときに,溶岩の体積が縮むために出来た規則的な割れ目です。

この時代の火山岩は、この付近から群馬長野にかけて広く分布していて、当時の火山活動の激しさがわかります(グリーンタフ火山活動)。これは、地殻の深部に達する大断裂ができたためで、この付近の地殻は日本列島の中で最も弱いところで、ストレスが集中し、地震活動が活発です。

またその上には、苗場、白根、浅間、榛名などの火山があり、火山活動が現在まで続いていることがわかります。

kyocerra slimT NEOPAPRESTO400

                                            十日町市田代

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/09(金) 13:42:04|
  2. 十日町(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:969
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。