日本の景観写真館

主に日本の景観の写真集です

大正池に映った焼岳



大正池から見た焼岳です。コントラストが強すぎて山の本体が白とびしてしまいましたが、池にちゃんとした像が映ったところが面白かったのでUPしました。土石流の跡が山体に生なましく刻まれています。


                               松本市安曇




MinoltaX700 MCrokkor28mm NEOPANPRESTO400

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2013/07/17(水) 16:29:08|
  2. 上高地(長野)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土石流の発生地点



上高地の河童橋の対岸の善六沢を上っていくと、土石流の流れた跡があり、沢の両岸に高さ5m以上にわたって石礫が盛り上がって土手を作っています。沢の源頭部には写真のような凄まじい崩壊地があります。ここで発生した土砂が流れ下ったものと思われます。ただ、この土石流は下流の登山道の手前で停止しているので、観光客や登山者からはまったくわかりません。

2011年6月に上高地で土石流が多発し、観光客が上高地内に閉じ込められましたが、写真の崩壊もそのときに発生したものと思われます。東日本大震災のあと焼岳のところを通っている境峠断層の活動が活発になりましたが、おそらくその影響で土石流がおこったと私は考えています。

つまり、それまで東西に押されていた岩盤が東日本大震災のあと東西に引っ張られたために、岩盤が緩んで崩れやすくなったものと思われます。


                                      旧安曇村善六沢

MinoltaX500 rokkor28mm NEOPANPRESTO400

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2013/06/05(水) 16:56:12|
  2. 上高地(長野)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岳沢カール

41650034.jpg


上高地のバスセンターを降りるといきなり目に飛び込んでくるのが雄大な岳沢のカール(圏谷)です。この谷は奥穂高岳を源流とし、氷河によって削られてできたもので、日本に氷河があった動かしがたい証拠です。

この地形は最終氷期(2万年くらい前)にできたもので、その頃は上高地には森林はありませんでした。また海水準は今より100m以上も低く、東京湾は川でした。

カール地形は北海道と日本アルプスでしか見られませんが、北、中央、南アルプスそれぞれ数箇所で見ることができます。

                                     松本市安曇


FUJIFILM TIARA NEOPANPRESTO400

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2012/08/13(月) 14:41:41|
  2. 上高地(長野)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4