日本の景観写真館

主に日本の景観の写真集です

古い砂防堰堤



日本の山を歩くとあちこちで写真のような石積の堰堤を見ることができます。砂防ダムは昭和30年ころまではほとんど石積みだったと思われます(それ以降はコンクリートか鋼製)。さすがにコンクリートよりは強度は劣りますが、なかなかどうしていまだに持ち堪えているものがたくさんあります。またコンクリートよりはるかに自然の景観にマッチしています。

写真は長野県の奈川村のものですが、この付近は終戦後土砂崩れなどで荒廃していたそうで、林野庁で大々的に治山事業をおこなったところです。実は私の職場の大先輩が奈川でその事業に従事していたのでお話をうかがったことがあります。このような小さい堰堤を沢にいくつか造る事によって土砂の移動が抑えられ、森林が回復していきます。おそらくこの技術のルーツは江戸時代以前にあると思われ、興味がもたれるところです。



                                  奈川村奈川

 FUJIFILM TIARA NEOPANPRESTO400

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2013/01/11(金) 15:38:24|
  2. 奈川(長野)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<手賀沼のヨシ原 | ホーム | 岳沢カール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://geores.blog23.fc2.com/tb.php/91-1fee85bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)