日本の景観写真館

主に日本の景観の写真集です

手賀沼のヨシ原




手賀沼では写真のような見事なヨシ原が見られます。ヨシは水中のリンや窒素化合物を吸収するため、水質の浄化や土壌の発達に寄与しています。また淡水魚が産卵したり、稚魚の生育する場所にもなっています。水鳥がえさを獲る場所としても重要だそうです。

対岸は我孫子市街の台地で、古墳が多数あり、奈良、平安時代には古代の大幹線道路である東海道(京から常陸国府まで)が通っていたと考えられています。

原発事故でこの付近はいわゆる放射能のホットスポットになりました。陸上の放射線量は徐々に減少しつつありますが、その分は手賀沼に流れ込んで湖底に蓄積していると思われます。その放射性物質は生き物たちに多大な影響をもたらすと考えられます。ある意味手賀沼は地球の未来を予言する場所になってしまったと言えます。

あの原発事故は私にとっては痛恨の事件で、それまで原子力についてなぜ真剣に考えなかったのか悔やまれてなりません。


                                   柏市戸張新田(千葉)


Konica C35 NEOPANPRESTO400

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2013/03/18(月) 10:26:03|
  2. 手賀沼(千葉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カラマツの林 | ホーム | 古い砂防堰堤>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://geores.blog23.fc2.com/tb.php/92-fcb4ba76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)