日本の景観写真館

主に日本の景観の写真集です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

棚田



新潟県の信濃川の支流、清津川の両岸に見られる棚田です。

手前と向こうの棚田の間の谷を清津川が流れています。一般に山の上では水田はできませんが、第三紀の泥岩などが分布する地域では、土壌の粘土分が多く、棚田が見られます。対岸の水田のわきの山は硬い凝灰岩からできているため水田は全くありません。逆に谷のこちら側は、全部泥岩なので尾根近くまで水田になっています。


                                十日町市田尻


kyocerra slimT NEOPANPRESTO400






テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2012/06/19(火) 15:26:05|
  2. 十日町(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

中津川第一発電所

84170003.jpg

新潟長野県境付近には河川の水量が多いためか、水力発電所が多く見られます。これは東電の中津川第一発電所で、中津川の上流の切明温泉で取水し、15Kmのトンネルで水を流し、ここ津南町で一気に落として発電しています。

もう85年も稼働していますがまだまだ現役で、原発に比べて長寿命です。出力は12.5万kwで、これもかなりのものです。

私は廃止された水路式発電所を各地でよく見かけます。これらも復活させてはどうでしょうか。ダムに比べて自然破壊が少ないし、確か水力が最も発電コストが安いと聞いたことがあります。

                                                     津南町穴藤

kyocerra slimT NEOPANPRESTO400
   

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2012/04/12(木) 14:47:19|
  2. 津南(新潟)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:956

富士川



東名高速の富士川サービスエリアから富士市方面を眺めたところです。ここから見ると、いつも川より市街地の方が低いように見えるので不思議に思っていました。

調べてみると、富士川の対岸あたりに入山瀬断層という活断層が走っていて、その活動のたびに手前側が隆起しているのだとわかりました。入山瀬断層はフィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界の断層と言われていて(川の手前と向こうで違うプレート)、そろそろ活動するといわれています(恐ろしいですね)。

富士川の土砂は、プレート境界の谷(駿河トラフ、南海トラフ)に流れ込んでいて、四国沖の南海トラフで富士川からの土砂が確認されています。

私の経験では、あれっというような異常な地形は活断層が絡んでいることが多いです。

                                                   富士市舟山町

 FUJIKAGS645 NEOPANPRESTO400

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2012/03/21(水) 15:00:58|
  2. 富士川(静岡)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

神田川橋梁



秋葉原の象徴とも言える神田川橋梁です。昭和7年に総武線が御茶ノ水まで延伸された時に神田川に架けられた橋梁で、八の字型の橋脚が特徴です。奥に見えるのが聖橋です。

kyocerra slimT NEOPANPRESTO400

                                            千代田区外神田(東京)

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2012/02/07(火) 16:10:12|
  2. 御茶ノ水(東京)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信濃川段丘群

04650007.jpg

信濃川の中流部、長野新潟県境から十日町市付近にかけて、大規模な河岸段丘が発達します。信濃川とその支流の浸食、堆積によってつくられたもので、全部で9段に及び、その規模は日本一といわれています。

手前が清津川、奥が釜川でその間の平坦面が両河川によってつくられた段丘です。釜川の奥の平べったい山が信濃川によって形成された段丘です。

その成因は、洪積世に気候変動により大規模な海進海退がおこったことと、この付近の基盤岩が魚沼層群というやわらかい岩盤で、しかも現在も褶曲運動が続いているためといわれています(活褶曲)。

七つ釜のところでも述べましたが、それがこの付近で地震が多い原因でもあります。

                                                    十日町市重地

kyocerra slimT NEOPANPRESTO400

                                                         

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2011/10/13(木) 14:55:08|
  2. 十日町(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:948

柱状節理



苗場山の北側の釜川沿いに田代の七つ釜というところがあります。
大きな滝壺が連続する景勝地なのですが、その左岸側に見事な柱状節理の崖があります。

この岩石は1000万年以上むかしに噴出した溶岩です。柱状節理は溶岩が固まって冷えるときに,溶岩の体積が縮むために出来た規則的な割れ目です。

この時代の火山岩は、この付近から群馬長野にかけて広く分布していて、当時の火山活動の激しさがわかります(グリーンタフ火山活動)。これは、地殻の深部に達する大断裂ができたためで、この付近の地殻は日本列島の中で最も弱いところで、ストレスが集中し、地震活動が活発です。

またその上には、苗場、白根、浅間、榛名などの火山があり、火山活動が現在まで続いていることがわかります。

kyocerra slimT NEOPAPRESTO400

                                            十日町市田代

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2011/09/09(金) 13:42:04|
  2. 十日町(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:969

手賀沼の夏



夏の手賀沼のほとりは日陰がなく、猛烈な暑さですが、北千葉導水路ができてからは水質が改善され、以前のような悪臭はなくなり、生き物が戻ってきています。正面は洪積層からなる台地で見事に平坦です。そのへりにはシラカシなどの常緑樹林がよく残っています。



FUJICAGS645 NEOPANPRESTO400

                                                   我孫子市高野山

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2011/07/22(金) 17:58:00|
  2. 手賀沼(千葉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:288

サワグルミ



サワグルミはブナ帯の渓流に広く分布し、写真のように何本かまとまって成長し、高さは30mにもなり、沢の王者であると言えます。

サワグルミ属Pterocaryaの化石は日本では古第三紀(3~4千万年前)から見つかっており、日本になじみの大変古い植物といえます。世界では、東アジア、トルコ、バルカン半島に約10種が分布しています。中生代の北極周辺に起源があって、寒冷化にともなって南下したのかもしれません。


                                                  湯沢町三国

kyocerra slimT NEOPANPRESTO400

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2011/07/01(金) 17:31:21|
  2. 湯沢(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:36

国道17号線旧道



昭和32年、群馬・新潟県境の三国トンネルが開通し、初めて自動車で行き来できるようになりました。三国峠から湯沢にかけてはいくつか峠があり、そのひとつ二居峠を避けて、17号線は清津川沿いの急斜面に建設されました(写真)。


 その後昭和34年に二居トンネルが完成し、写真の旧道は廃止されました。現在ではブナなどの樹木が両側に生えて車は通行困難になっていますが、往時の面影が残っています。道幅は狭く、道下は断崖絶壁になっていて、大型車の通行はさぞかし大変だったろうと思われます。

                                                      湯沢町三国



 kyocerra slimT NEOPANPRESTO400

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2011/06/17(金) 17:56:29|
  2. 湯沢(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

中津川峡谷



秋山郷の出口付近の峡谷です。
苗場火山の噴出物が水流に削られてできたもので、正面の急崖に溶岩の層が見えます。
崖の上は平坦になっています。

                                                      津南町穴藤


 kyocerra slimT NEOPANPRESTO400

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2011/05/20(金) 14:56:45|
  2. 秋山郷(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:942

筑波山のブナ



筑波山の頂上付近には、ブナ帯の植生が分布します。

これは、最終氷期以降の温暖化によって遺存したもので、周辺のブナ林から孤立しています。
東京近辺では丹沢などと並んで貴重な植生です。

日本のブナ林は第三紀(5000万年以上むかし)に北極周辺で栄えた森林の生き残りと言われ、日本固有の植物の大部分はブナ林にあるといわれています。


私は、日本文化の根源(技術力や現在のサブカルチャーなども含めてすべて)は自然の多様性にあると考えています。そういう意味でブナ林は今の日本で(世界で?)何よりも大切にしなければならないと思います。


 FUJICAGS645 NEOPANPRESTO400

                                  茨城県つくば市


テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2011/02/01(火) 15:06:49|
  2. 筑波山(茨城)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:914

聖橋



関東大震災の復興事業の一環として昭和2年に架けられた聖橋です。
初期のコンクリートアーチ橋で、この聖橋を手本としてコンクリートアーチ橋が続々と造られたそうです。

聖橋という名前は湯島聖堂とニコライ堂を結んでいることに由来します。

この辺の神田川は江戸城の防備を目的として掘られたもので、小赤壁(中国の赤壁に因む)とか茗溪と言われたそうです。

                             千代田区神田駿河台
                                    
  

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2011/01/07(金) 14:52:32|
  2. 御茶ノ水(東京)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

入川林用軌道跡



荒川上流の入川に沿って森林鉄道の跡が残っています。これは60年代まで使われていた東大演習林内の軌道だそうです。

旧大滝村入川谷

Kyocerra slimT NEOPANPRESTO400


テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2010/12/25(土) 16:14:47|
  2. 入川(埼玉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結晶片岩

2010asakusa1-2.jpg

長瀞の荒川河岸にて。

結晶片岩は、太古の(一億年くらい前)海溝でプレートが沈み込む際に、プレートの玄武岩やそこに堆積した泥岩などが高圧を受けて結晶が再配列してできた岩石で、写真のような独特な模様ができます。

結晶片岩は中央構造線に沿って日本を横断するように分布しています。
当時のプレート沈み込み場所は中央構造線に付近にありましたが、徐々に南下し、現在は日本海溝にあります。

                                      長瀞町

FUJIKAGS645 NEOPANACROS100

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2010/12/16(木) 16:44:03|
  2. 長瀞(埼玉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:937

勝鬨橋



銀座と晴海ふ頭を結ぶ勝鬨橋。中央部から真ん中で割れて開く鋼アーチの跳開橋で、
可動橋では日本最大である。昭和15年架橋。

                                中央区勝どき

FUJIKAGS645 NEOPANACROSS100  

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

  1. 2010/12/10(金) 15:52:12|
  2. 隅田川(東京)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。